弔い方の新しい形、自然葬

オリジナル見出し01

独身の人や子どものいない人たちの間で、自分たちが亡くなった後の供養法として「自然葬」を希望する方が増えてきています。



自然葬は火葬した骨を、桜の木や山の樹木に散骨するという供養法です。



従来の日本の供養法としては、火葬した後の故人のお骨は先祖代々のお墓に収めて弔うのが普通のやり方でした。



しかし近年ではお墓の土地の確保が難しくなっていることと、お墓を作る際の費用と維持にかかる費用が大きな負担となり、自分のお墓を守る人がいない独身の人や子どものいない人は、お墓を必要としない自然葬を選択する方が多くなっています。

お子さんのいる人でも、亡くなった後にお子さんに経済的にも負担をかけたくないと、お墓を求めないこちらの方法を検討されるようになってきています。

自然葬が急速に増えてきている背景にはお墓の確保や費用の面や縁者がいないなどの点の他にも、狭いお墓に入って眠りにつくよりも広々とした自然に自分のお骨を散骨して、死した後には自然の一部になりたいという情緒的な面も含まれています。



お墓に狭苦しさや冷たい印象を感じるタイプの方は、自然の中に散骨する供養法を選んでみてはいかがでしょう。


自然にお骨を撒く弔い方をいざ選択する時に気になるのが、法律的に問題はないのかという所です。


自然の中にお骨を撒くのは、法律違反にならないのかと心配される方がいますが、焼いた後のお骨でしたら法律的制限はありません。



自然葬を取り扱っている専門業者は増えてきていますので、パンフレットを取り寄せて自分に合う所を見つけましょう。



関連リンク

  • タイトル21

    日本における故人の弔いかたといえば、古くは棺に故人を入れて土葬にするのが一般的でした。しかし土地が少なく埋葬できる墓地に限りがあるようになり、衛生面での問題もあることから近代では遺体を火葬し、お骨を墓に納骨するスタイルが一般的でした。...

  • タイトル22

    独身の人や子どものいない人たちの間で、自分たちが亡くなった後の供養法として「自然葬」を希望する方が増えてきています。自然葬は火葬した骨を、桜の木や山の樹木に散骨するという供養法です。...