今人気を集めている自然葬

オリジナル見出し01

日本における故人の弔いかたといえば、古くは棺に故人を入れて土葬にするのが一般的でした。



しかし土地が少なく埋葬できる墓地に限りがあるようになり、衛生面での問題もあることから近代では遺体を火葬し、お骨を墓に納骨するスタイルが一般的でした。



最近は少子高齢化が加速しており、お墓の担い手が不足している、従来のお墓に対する考え方に違和感を持っている人が増えているなどの背景から自然葬という選択肢をとる人たちが増えています。



自然葬というのはその名前の通り、故人の遺骨を粉状にして海や山などの自然に撒くことで、自然に魂が還るという考え方をするという弔いのあり方です。



どうして遺骨を粉状にするのかというと、それは遺骨をそのまま散骨すると刑法に触れてしまう恐れがあるからです。
自然葬を行える場所や、禁止されている場所もあるため、できれば自然葬を取り扱っている専門業者に依頼をするのが安心かつ確実でしょう。

ただしある程度の料金が必要になるため、それがネックになる場合は自分で全てを行うことも可能です。



故人が希望する場合もあれば、遺族が希望して自然葬を行うケースもありますが、お墓が不要になり大自然にいれば故人を感じることが出来て弔うことも出来るというのは大変魅力的でしょう。



転勤が多い仕事についている人や海外に移住しようかと考えている人にとって、お墓の管理という問題は大変頭を悩ませるものです。


しかし自然を見ればいつでも故人を傍らに感じられる弔いというのは、世界中どこにいても供養が出来るという大変おすすめの方法です。

関連リンク

  • タイトル21

    家族の多様化や価値観の多様化にともない、さまざまな家族の形が存在している現代では、死後の供養の仕方についても従来の方法にとらわれず、新しい形の埋葬方法が増えてきています。そのひとつが自然葬です。...

  • タイトル22

    独身の人や子どものいない人たちの間で、自分たちが亡くなった後の供養法として「自然葬」を希望する方が増えてきています。自然葬は火葬した骨を、桜の木や山の樹木に散骨するという供養法です。...